とつぜん

まさにそれは突然だった。
2021年10月6日、仕事を終えて帰宅してしばらくして手足の自由が効かなく訴えたことから始まった。すぐに救急車で運ばれた。最初は何が起こったのか分からなかった。脳内出血を発症したのだった。そのあとは、所々しか覚えていない。長い間寝たきりだったので、この先どうなるんだろうと思った。
入院から2週間経ってから慌ただしくリハビリ(急性期リハビリテーション)を行った。このリハビリで体を動かすことにより、何かできるようなるかも知れないと思わせてくれた。その一方で排尿のための尿パッドを付けたままなのが、体の動き以上に苦痛でもあった。

その後、リハビリ(回復期リハビリテーション)のために転院した。このときの移動は車椅子だが、リハビリを続けていくとできることが毎日増えていった。楽しい時期で今日はあれができたと報告するのが楽しかった。
歩行器で動けるようになると、自分でもできることはしようと病棟内を歩きはじめた。最初は業務の邪魔ではと遠慮がちだったが、医師や看護師からも激励され嬉しかった。
歩いているのが良かったのか、リハビリでは歩行器からノルディックになり最後はフリーで歩けるまでになった。同じように排尿が自己導尿から脱却できたのは嬉しかった。

退院してからは通所でのリハビリ(機能回復と生活の質向上を目指すもの)となった。健康保険を利用できる期間は入院から最大180日なので4月19日までだった。この期間中に階段の登り降りや正しい歩行練習、それに右手~右肩までの突っ張りや痺れの軽減をやっていただいた。その甲斐あって目標だった近所の低山(284m)へ登れたのは嬉しかった。

期間満了後は介護保険(入院後しばらくして認定)でのリハビリ(日常生活の自立を目指すもの)となった。(維持期リハビリテーション)。今の目標は正しい歩きかたをするために必要な感覚を身につけることである。



このホームページは、ただひたすら歩き続けているのがベースになっている記録です。その記録には、そのとき起こったことが書かれています。同じ思いをしている人の手助けになったらと思いホームページを公開しました。。

このページはQRコードから